TOP

就活生向けに価値ある情報を配信!

ベンチャー企業で働く人に求められる資質は?

これまでに無い新しい事業や新しい技術を用いて起業した会社をベンチャー企業と呼びますが、ここに就職する場合には様々なリスクが考えられます。その代表例となるのが倒産のリスクです。大企業や中小企業の場合には既存のサービスを拡張し、付加価値を付けることによって利益を上げているため、顧客がすっかりなくなってしまうというリスクはありませんが、ベンチャー企業の場合には顧客を得られないことも多いため、安定性という面から考えればリスクが非常に高いのです。また他にもサービスを提供する上で様々な問題は発生するものですが、これに対して柔軟な対応ができなかった時にもアウトとなります。そのため、ベンチャー企業で働く人にはどのような問題が降りかかったとしても対処ができるような柔軟性や、逆境にも負けないような強靭な精神、つまりはやる気が求められることになります。したがって就職活動をする時には、このようなポイントを的確にアピールすると成功につながることでしょう。

「ソー活」って何?

タイトルの通り、「ソー活?何それ?」とお思いの方も多いでしょう。これはソーシャルメディアを利用した就職活動のこと。つまり、TwitterやFacebookをフル活用して、求職者が企業側に経歴などの個人情報を公開、コンタクトを取り、就職活動を行っていく、という形式を指します。近年、ソーシャルメディアの発達とともに知られるようになってきた新しい就職活動で、言葉としてよく使われるようになったのは2011年です。このソー活について、メリットとしては求職者・企業ともにコミュニケーションがとりやすく、かつ安価で負担が少ないことが挙げられる一方、ネットを介してのやり取りということで、活用するには一定のスキルが必要である、という問題もあります。一部には、「ソー活を利用し始めた2011年以降から採用者の質が低下した」と感じている企業もあるのだとか。ともかく、利用するかしないかについては色々意見があるところでしょうが、一つの時事ネタとして知っておいて損はないと思います。


コネクトの変 ~株式会社コネクト~

グループディスカッションで見られていること

書類選考や最初の段階で行う選考によく使われるのがグループディスカッションです。特に新卒入社で採用する場合には、この選考方法を使っているのですが、協調性を見ることが主な主旨です。時を同じくして応募した就活生と何人かのグループを作ります。よほどのことがない限りほぼ初対面ですよね。そして簡単な課題や、色々な回答が出る課題などをそのグループで取り組ませます。その課題解決にあたり自然とグループ内での役割が出てきますね。リーダー、書記、意見を言う人、黙っている人、タイムキーパなど。そうして時間内に回答が出ます。面接官は、その回答の正解・不正解を見ているわけではありませんし、またリーダーになったから良いのか。いいえそうではありません。そこは面接官の技量が問われるところなので一概にどうしたら採用されるということではありません。チームワーク、主体性など色々なことを加味して、一緒に働きたい人を探しているのです。


就活生必見!【就職/求人情報】新卒採用や第二新卒求人 - 株式会社コネクト